建築事務所,設計事務所,建築設計事務所,関西,神戸,西宮,アトリエ・フィッシュ,atelierFISH,住宅,店舗,デザイン,リフォーム,クリニック,動物病院,建築家,リフォーム,リノベーション,

建築事務所,設計事務所,建築設計事務所,関西,神戸,西宮,アトリエ・フィッシュ,atelierFISH,住宅,店舗,デザイン,リフォーム,クリニック,動物病院,建築家,リフォーム,リノベーション,

2020/08/09

午前9時にSHTの最終MTGでいつものファミリーレストランへ。ファミリーレストランがMTGに最適な理由は、駐車場が二時間無料、空調が効いている、飲み物が自由、テーブルが大きい・・・など色々とある。しかし、休日の朝一番にこれほど混むとは知らなかった・・・・。





2020/08/08

西宮の目神山KMHから六甲山VTMへ工務店の監督と車二台で移動。西向きの道路は昼前には混み始め約一時間かかって到着。するとすでに監督は到着済み。それも30分そこそこでたどり着いたと。おかしいな・・・抜かされた形跡もないのにというと、六甲山麓を抜けて来たと。なるほど、そうか・・・その手があったのか。





2020/08/07

ガーナから水泳に来ていた一人が明日ガーナに帰るので今日が最後の水泳ですと挨拶を。一週間ほど前は、八月は英会話の先生の仕事が在るので八月は水泳を休んで九月に復帰すると話していたし、そもそも八月には沖縄でシュノーケリングをするから水泳を始めたんだとも話していたのに。忙しく予定が変わるようだ、いや、それとも僕の脆弱なヒアリング能力だからコロコロ予定が変わるように誤訳しているのかもしれない。何れにしても今日が最後だそうだ。帰り際に少しプールの前の駐車場で立ち話を。ガーナも神戸も日中の最高気温はさほど変わらないそうだ。しかし、夜はガーナの方が涼しくていいと。四季がないので日本の方が好きだとも話していた。関空からヘルシンキ経由でガーナの首都アクラの空港まで20数時間。そこから車で5時間のところに彼の住む村がある。そこは、電気も引かれていない家もたくさんある長閑な村(quiet villageと言っていた)。そこに8人の家族が待っているそうだ。ガーナは、一夫二妻制だそうで帰ると実母と義母が共に暮らしていると。ちょっと想像できないが皆仲良しだと。もう少し早く話を聞いていれば、数の沢山入ったお土産を選ぶことができたんだけど、ま、仲良くおかき巻きを割って食べて欲しい。ちなみに彼れの奥さんは、ノルウエーの人で今も子供とノルウエーに住んでいるそうだ。彼は、社会人でノルウエーの会社に勤めて今は、社会人留学だということも初めて知った。
 今年の夏は、どこにも出かける予定はない。いつもだとゴールデウイークが終わったら夏休みの航空券を選び、アパートを選び、現地のイベント等を調べ毎日毎日ウキウキしながらその日を待ちわびていた。そう、早い話がゴールデンウイークが終わって出かける予定を立て始めた時点で夏休みが始まったようなものだった。だから、世間では明日から夏休みだっていうところもあるらしいのに全く、それを感じない。今年は、夏休みを感じずに過ぎて行くんだなとぼやーっと思っていたが、ちょっとした立ち話でガーナを見てみたいなと久しぶりに旅について考えることができた。「十一月に帰って来たら熱燗と鍋を食べに行こう、約束だ」と水泳にはもってこいだと思える大きな手を差し出して来た。多分、誤訳はしていないと思う。





2020/08/06

お昼前に六甲山へ。やはりここは涼しい。だいぶ解体も進んでいいる。現場に立ち眺めているとどんどんイメージが膨れ上がってくるのが面白い。一旦山を降り、そこから西へと移動。今度は一部屋ワンフロアーで五層の建物内を行ったり来たりと駅前の山登り。ここはさすがに暑い。さらに西へ移動。先日の工事の出来栄えをチェックし、そして一気に東へと移動。途中高速道路で大渋滞。いやいや、反対車線は事故渋滞で大変なことになっている。高速も乗ったり降りたりしても高速料金が変わらないように変えればだいぶ渋滞も緩和されるようにも思うんだけどな・・・。午後5時過ぎ漸く靱公園側の現場に到着。資料一式受け取り再度神戸へ。一日で200キロ近い移動。





2020/08/05

朝から車で出かけるとかなりの車が走っていると実感。しかし、いつもMTGで使っている場所は、ガラガラ。どうしてこんなにガラガラなのと思えるほどガラガラ。一旦事務所に戻って今度は電車で三宮へ移動。車内もガラガラ。三宮の街中もガラガラ。ここ数日の新型コロナ第二波の影響が顕著に出ているとMTG先の担当者が話していた。事務所と家との徒歩移動では全く感じない第二波。





2020/08/04

薄茶色のフレームのメガネを掛けて、焦げ茶色のポロシャツを着て、黒い半ズボンに茶色いサンダルを履いて家から事務所に行く途中とお昼休みに事務所から家に帰る途中、共にセミが肩に留まったのは、偶然か。別々の種類のセミが。





2020/08/03

朝一番で東大阪の工場へ集合。各々の車を置き一台に便乗し別の工場へ移動。どうしてこんなに渋滞しているのかと思うほど渋滞している。聞けば、ほぼ毎日だと。毎日こんななのに誰も何も文句言わずに数珠繋ぎ。不思議だ。何かしらか必ず原因があるのだから解消すればいいのに・・・・。大渋滞の末たどり着いた工場。なんだか不思議なものがいくつも転がっている。銀色の浮き輪のようなもの。(浮き輪では当然ないのだが)今年は、新型コロナウイルスの為 海開きもほぼ行なっていないと。八月の沖縄の海でシュノーケルをするために水泳を習い始めたガーナ人エマが言っていた。

atelierFISH





2020/08/02

昨日R天の「あす楽」で頼んだ書籍を受け取るために事務所で待機。午前中待てど暮らせど届く様子がない。ひょっとしたら下の集合ポストに投函しているのかと二時間おきに見に行くも入った様子もない。昼食を取り水泳に行き再度ポストを覗くも入っていない。水着を干して再度事務所に戻って夕食まで待ち続けるも結局やってこなかった。なんだろう、「あす楽」って・・・。





2020/08/01

八月になって待ってたとばかりの夏空。暑い。昼過ぎに泳ぎに行くとプールも混んでいる。こんなに会員がいたのかと思うほど芋洗状態。帰りの車から目にした引っ越しは、30年ほど前に廈門からバスを乗り継いで客家を見に行く途中で見かけた引っ越しの風景に近い。あの時も暑かった。同じような真っ青な空の下、半袖半ズボンにサンダルで地図もなく人伝に進んで行ったのが懐かしい。

atelierFISH





2020/07/31

事務所の向かいにあったハンバガーショップが閉店した直後から改装工事が始まっていた。特に大きな改装をする様子もなく外壁の一部を渋い青色にし入り口の扉をアンティーク両開きにした程度だろうか。もちろん厨房機器の搬出を行っていたのでその辺りも変わるのだろう。そうやって眺めていたある日、両開きの扉のガラスにお店のロゴマークと店名が書かれ(実際には、カッティングシートだと思う)ているのが事務所の窓からも確認できた。早速ネットで検索してみるとどうやらチョコレート菓子を扱う店のようだ。オープンは、11月となっているが6月の末にはお店の改装の様子や扱う商品についてのブログが定期的に更新されている。2日おきに。そのブログの中で驚いたのがおそらく店主(ショコラティエ)が自ら3D CADを使い、3Dプリンターで試作品を作っている。その試作品を元にPET素材で型を作り3Dプリンターで出力したモノと同じ形のチョコレート菓子を作っている。これまでは、木型職人が木から削り出しそれを鋳物で馬鹿高い型を作っていた工程が大きく変わっている。フィルムカメラからデジタルカメラに変わってスマートフォンで気軽に写真撮影ができついでにレタッチも嗜むようにそのうち、コンビニに3Dプリンターが備わり、皆が簡単に3D CADでオリジナルのモノを作るような世界がやって来るんだろうな・・・・と突然の雨に両開きの扉の軒先きで雨宿りをする人を見ながらぼんやりと考えていた。





2020/07/30

昨夜の寝る前の天気予報だと午前中は雨だったが少し早めに起きてもう一度天気予報を見ると午前中は晴れになっていた。早速出かける用意をし山を目指す。事務所からは、車で20分たらず。そしてこの山の中に建つコレの現地再調査。ここはいつきても毎度毎度天気が悪いが今日はなんとか持ちこたえそう。事務所のある場所とは気温も湿度もだいぶ異なる。虫対策で長袖を来てきたがこの気温だと長袖で十分。敷地の周辺の地盤レベルを再度調査していると細い蛇に遭遇。二度も。久々に蛇を目にする。尻尾のふさふさしたリスも走り去っていった。一時間ほどで調査を終えて下山。記憶の新鮮なうちに早速まとめる。午後、SSRのクライアント来所。最終図面の承認と雑談。来月には着工したいところだ・・・・。

atelierFISH





2020/07/29

毎夜プールであうガーナからきたエマが来月からプールを休むと。小学校の英語の先生になると。今時の小学生は、英語も世界各国からやってきている人に学ぶことができる。ガーナ人が教えるクイーンズイングリッシュか・・・。





2020/07/28

今年の梅雨も今日までだと聞いている。色々な人からあって話をするたびに長かった梅雨とそれが今日までだということを。皆梅雨明けは、嬉しい。

atelierFISH





2020/07/27

それにしてもよく雨が降る。雨が降るとアレにもコレにも乗れない。先々週末にヨットに乗ったあと、ハーバーから連絡があり水道管が破裂したからシャワールームはしばらく使用できないと。そうなると海に落ちた場合ずぶ濡れの状態でもしくは、海水を拭き取っただけの状態で車に乗ることになる。





2020/07/26

連休最終日も朝から雨。雨の降る中連衆の待つ家に。今日から一泊で夏の歌仙第二弾。残り半歌仙を読み上げる。ガラスの縁側の仕込んだ照明が昼とはまた異なる雰囲気を醸し出している。

atelierFISH





2020/07/25

終日事務所で作業。先日、京都細見美術館で買い求めた書籍「趣味と芸術」が面白い。





2020/07/24

2004年の夏の終わりに当時設計を進めていたクライアントとそのクライアント仕事先のバリへ共に出かけしばらく共に過ごしてから暇を見つけては見たことのない風景を追い求め、食べたことのない食を喰い求め方々ほっつき歩いてきた。そうやって考えると日本で夏休みを過ごすのは、それ以来だから17年振りか。ひょっとしたら次の夏も難しいかもしれないな。やはり、自力でどこかに出かけられるようになりたい。





2020/07/23

淡路島のイタリア料理店より届いたヘチマの種(レストランで出す果物や野菜や卵を生産している畑から)を植えていた鉢からニョキニョキと蔓が伸び始めた。最初は、鉢の周囲を塒のように巻いておけばいいかと思ったが想像以上に発芽してきたので急遽物干し竿の方へたこ糸をくくりつけてみることに。するとその翌日には、蔓がもう意図した通りに伸びている。その蔓を見ているとヘチマは、朝顔やきゅうりのように蔓が直接巻いて行くのではないことを知る。蔓の横から伸びている細い蔓とは別のもの(巻きひげというらしい)がたこ糸を掴み蔓は、まっすぐそのたこ糸を登っている。この巻きひげについて調べてみると、かなり高性能なようだ。巻きひげば、細く伸び、何かに触れると先端がその触れたものに巻きつき蔓全体を引き寄せる。しかし、それが自株か同種の他株かで巻きつくかどうかを判断し、さらに同種と他種とを見分ける能力もある。要するに自分に自分で巻きついたりしない。さらに巻きひげは、たこ糸に巻きついて途中で巻き方向を反転させている。これによってたこ糸が風でなびいてもねじれる事がない。いやいや、これは凄い。どんより空を背景に風に揺れている巻きひげにそれに捕まれ捕まれと声を掛けながら見ているのは飽きない。

atelierFISH





2020/07/22

週二回燃えるゴミ、週一回ビンカンペットボトル、プラゴミの回収がある。そのゴミは、指定袋に入れて回収車が来るまでに指定場所に出さなければならない。そのゴミの袋を回収車が来る前に開封して袋の中身をチェックしている人がいることをあることをきっかけに知った。袋の中身をチェックしている人は、変質者でもルンペンでもなくそういう事をれっきとした職務として作業を行なっている人がいる。神戸市環境衛生局の方。チェックしているのは、指定されたもの以外のものが廃棄されていないかのチェックに止まらない。その止まらない内容に驚いた。ゆっくり話でも聞いてみたいものだ。





2020/07/21

新型コロナウイルスの感染者が全国的に増え続けている。もちろん検査者数が増えているから感染者数が増えるのもわかるが陽性率も上がっているから単純に検査者数が増えたからと片付けることではない。スペイン風邪もペストも第二波がやってきているのと同じように第二波がこの新型コロナウイルスでもやってこようとしている。なぜ、第二波が来るのか。これは、単純に毎日毎日感染者数の報告があり、その数値がどんどん減少してゼロが続くと人は安心しとちょっとした達成感を感じるのだろう。そして、気が緩み途端にこれまでの箍を外し一気に規制がとかれ元の生活に戻ろうとする。しかし、ウイルスが絶滅したわけではない。だから第二波はやって来る。非常に単純な話だ。では、ウイルスを絶滅するまで規制を解かないとう選択肢はあるのかというと、これはNOだ。なぜならウイルスすは絶滅しないから。必ず第二波がやって来ることはわかっていて、それを避けることもできないというのがなんとも不思議で面白い。100年前のスペイン風邪から何も変わっていない。





2020/07/20

なんだか今週は休みが多い。なぜこんな休みが多いのかと思ったらオリンピックの開会式の予定だったんだな。2020年に限り海の日、スポーツの日(いつからこんな休みがあったのか)を移動していたようでお盆前の限りある平日がこれでドット潰れる。減額案の作成に奔走するも明日明後日にそれを提出しても見積もりに掛かるのは実質来週の月曜日か。東京五輪・パラリンピックが2021年夏に延期されたことで、2021年の祝・祝休日もすでに移動が決まっている。来年も海の日(本来は7月第3月曜日)を五輪開会式前日の7月22日に、スポーツの日(本来は10月第2月曜日)を開会式当日の23日に、山の日(本来は8月11日)を閉会式の8月8日とし、翌9日が振り替え休日とお祭り騒ぎはまだしばらく続く。





2020/07/19

思いの外晴れている。晴れているなら海に行ってみよう。さっさと用意を済ませベットを出てから約1時間半ですでに海の上。風も穏やかだが海上には先日の雨で流されてきた木や草が潮の目に沿って漂っている。





2020/07/18

朝は、あんなにもどんより雲が立ち込め奥池に上がると雨が降り出したのに工事が始まりかけると一気に晴天に。まだ南の海上に梅雨前線が停滞しているので梅雨明けではなさそうだが・・・・それにしてもいい天気。気温もぐんぐん上がっている。





2020/07/17

午前中事務所で午後に現場に届ける図面描き。午後、食事を終えて車で現場へ。もうだいぶ解体も終わっている。思いの外綺麗なコンクリートと思いの外補修が必要なところと思いの外解体しなければならないところなど、色々見えてくる。柔軟に設計を変更していかなければならないな・・・・。納期がかかるものからとりあえず段取りしてもらう。

atelierFISH





2020/07/16

照明メーカーの営業マン来所。新しいカタログと新しい商品の説明よりも在宅時の過ごし方や在宅明けの事務所での過ごし方やで話題が途切れない。そもそも事務所に行く必要があるのか、事務所の存在意義についても色々話を進めるが結局のところ、本人が事務所に行きたいか行きたくないかという個人個人の気持ちの部分が一番出社に関わっているようだ。仕事は、結局どこでもできる。難しいのは、それを正当に評価する側のようだ。





2020/07/15

事業主からいくつかあるテナント候補の選別を依頼されお昼前に靱公園の側へ車で移動。今回見る建物は、一階に自転車屋さんが入っている。今時自転車屋さんなんて・・・と思って見ていると次か次へと人がやってくる。そうか、大阪は平坦で歩道も整備されているから自転車での移動が一番便利なのかもしれない。確かに一方通行の多い道を車で移動しその度に駐車場を探すよりも理にかなっている。修理にやってくる内容を見ていると圧倒的にパンクが多い。自転車のタイヤってそんなに簡単にパンクしないように思うのだが・・・。

atelierFISH





2020/07/14

ここ最近毎日水泳に出かけているのだが、日に日に外国人スイマーが増えている。先々週にガーナからやってきたという留学生が二人。そして昨日は、パキスタンからきているという人。そして今日は、訛りの強い英語で話をしている大柄な夫婦。男子更衣室には、日本人は僕一人という状況。なぜこんなに急に増えたのか。常に会員募集しているサイトを見ても日本語表記しかないのに・・・・不思議だ。ガーナは、海に面しているのに、これまで一度も泳いだことがなかったそうだ。最初は、プールに来て顔もつけられなかったのに・・・今では、15mほどクロールで泳げるところまで上達。たったの二週間で。ガーナには、公共のプールはないらしい。もちろん学校の授業でもない。だからガーナには、自ずとスイマーも少ない。このペースで行くと2024年パリオリンピックの代表選手になるかもしれない。





2020/07/13

今日は、随分と涼しい。細く開けておいた寝室の窓から少し冷たい風と雨の音が真夜中のから忍び込んできている。が、そのまま朝までほっておいた。久しぶりにすっぽりと布団に入り込み朝までぐっすり熟睡。昨夜、順番で回ってきた文月歌仙十一句目を考えながら眠ってしまったためか不思議な夢を見たけどそれは、全く歌仙には役に立たない夢だった。午前中事務所で障害者施設のカラースキームの準備をし、午後は先日着工数日前に駆け込んできたパン屋さんのオーナー(まだ店名が決まっていない)とのMTG。話題は、アフターコロナの新たな店舗のあり方について一通りここ数週間考えてきたことを伝える。一時間の予定が大幅にずれ込む。机に向かって先週から詰めているSSRの図面に取り掛かるも電話がじゃんじゃん掛かってくる。外出自粛期間が懐かしい。





2020/07/12

ここまで晴れ間が出るとは思っていなかったが、寸暇を惜しんでスピッティーのエンジンを掛けてご機嫌を伺う。夕方まで雨は降りそうにないのでそのまま乗り込んでプールでひと泳ぎ。日曜日の昼下がりに泳ぐのは本当に気持ちがいい。





2020/07/11

朝一番でSHTのクライアントMTG。先日の現場施工者MTGの結果報告と最終の色等の全てを決定。あとは、見積もりが出てくるのを待つばかり。昼食を済ませ車で京都へ移動。思いほのか高速道路は空いている。雨が降るかと心配していたが、なんとか持ちこたえ敷地の調査を終了。計画地の前には、夏野菜がたっぷり実っている。こんな風景のところから車で15分ほどで京都のど真ん中にたどり着くのが面白い。その後、来月には一人家族が増えるというKAHのクライアント車に乗せ、ONRへ移動。久しぶりの再開。玄関前の植栽が思いの外よく育っているのと、あんなに小さかった子供がすっかり大きくなっていること以外何も変わっていない。出来上がって7年にもなるのに壁も全く汚れていないことに皆一同に関心。少し雨が降り出した中、次にNSHへ。ま、ここも19年経つのに変わっていない。そう、もう19年も前なんだ・・・とお互い歳をとったと大笑い。

atelierFISH





2020/07/10

朝からSSRの図面描き。黙々と描き進めるも途中でああでもないこうでもないと止まってしまう。それが改装の難しさでもあり面白さでもある。午後CVBの立会いで三ノ宮へ。新型コロナで撤退するお店、まだ改装して3年ほどしか経っていないのに・・・。残念だ。





2020/07/09

朝から一級建築士講習会を受講しに三ノ宮へ。午前9時から午後6時まで。終わりには一時間の試験も。三密を避けるために1月から6月までの講習が全て中止になっていたため残り半年て一年分の講習を行うのだろう。昼休みEVホールでEVを待っているとこちらに向かいながら久しぶりと声を掛けられる。が、誰だか全くわからない。メーカーの営業マンが講習は受けていないだろうし・・・同業者の知り合いもほとんどいないし・・・。そんなことを考えんがら一階のホールにたどり着き共に食事に行くことに。道すがら、彼が高校の同級生だったことを思い出し、無事食事が喉を通ることに。





2020/07/08

午後SHTの現場説明会。説明会開始5分で今の計画が破綻するような事実が判明。サーっと血の気が引く思いが。しかし、そこは冷静に交渉、そして無事現設計通り進められることに。いやいや。参った参った。





2020/07/07

明日のSHTの現場説明会前に最終事業主プレゼン。98%通過で残り2%をその場で決定。昼過ぎにWSCに流用する家具を引き取りに行ったらイギリスのアンティークの扉も転がり込んできた。今日から文月歌仙がスタート。このバタバタした中で早速脇句が廻ってくる。





2020/07/06

午前中からひどい雨。午後SSRの施工者とイメージのすり合わせ。お互い初めてだと中々イメージが掴めないので安全側安全側で見積もりしがちになる。これで少し減額に繋がるといいのだが・・・・。

atelierFISH





2020/07/05

天気予報では、今日も雨がちだと伝えていたのに午前中からわずかに晴れ間が。昨日六甲山を下るときに見えた海がわずかに青かったような気がした。これだけたくさん雨が降ったのだからあの淀んだ大阪湾の水を一気に外に押し出したことと思う。ヨット乗りたかったな・・・と思ったが、今日は事務所で作業しなければならない。来週の現場説明会に向けての最終調整。その前にちょっくら泳いでくるかな。

atelierFISH





2020/07/04

午前中SHTのクライアントMTG。全ての仕上げについてプレゼン。特に大きな問題もなく通過。昼食を取り、午後霧のかかる六甲山へ。昨夜の大雨で小枝が上り坂に散乱している。VTMのクライアントと色々と話をすることで方針を探りながら決めていく。それにしても二人とも面白い人だ。色々なことを経験している。それと、考え方に筋が通っているのがとても良い。それとここは、不思議な場所だ。

atelierFISH





2020/07/03

終日事務所で作業をする。それにしてもすごい雨だ。梅雨ってこんなに降ったっけと思うほど降り続ける。つい先日まであんなに暑くてもう蝉も鳴き始めたしすっかり夏模様だと思っていたのに・・・。まだ梅雨なんだな。






2020/07/02

昨夜は、日中と打って変わって随分と涼しかった。今朝も寝室の窓を開けると乾燥した風が入ってくる。昼前にWSCの現場を覗く。壁も床も天井もほぼほぼ出来上がっている。あとは、厨房機器や照明等の器具付けの段取り。SHTのサンプル依頼でFAXを送るとその返信のFAXが届く。もう5年ほど前からFAX番号は、名刺にも記載していないしHPにも記載していない。度重なるFAXの故障(インクジェットのインク漏れ)で嫌気をさしたのともう時代はFAXじゃないだろうということで送信専用に切り替えた。サンプルの依頼や注文書の送信には、未だFAXで送って欲しいという依頼があるため仕方がなく送信だけにしているにもかかわらず、FAXシートには「FAXはありません」と記載しているにもかかわらず、FAXヘッダーの番号を見て送ってくるのか。不思議だ。ま、いくら呼び出されてもインクも紙も入ってないから受け取れないんだけどね。

atelierFISH





2020/07/01

朝からSHTのmtgで事業主本社へ車で移動。以前からよく見かけていた建物だったことに少し驚き。ほぼほぼプランはまとまりつつある。その後、近くの別建物へ移動。築50年の古い建物だがそれはそれはとても面白い建物だ。ここで何か面白いことはできないかとプロポーザルを依頼される。水平窓の連続とコーナーのアールが想像力を掻き立てる。鼻息荒いまま近くへ昼食を取りに移動。こんな海のそばにこんなお店があるなんて知らなかった。昼食後三ノ宮へ移動。駅前の雑居ビル内の撤退する飲食店の備品をWSCへ移動する手配。それにしても今日も暑い。そこから灘駅側へ移動。先日相談のあったBGEの現地確認。前任者の図面を元に色々と調べて行くも疑問符だらけ。さて、どうなることやら・・・・。

atelierFISH





--------------------------------------------------------

<< 〜2020/06/30